東岡崎駅徒歩3分の岸本歯科では、歯周病、インプラント、口腔外科治療など幅広く対応しております。

kids
HOME > 小児歯科

小児歯科の目標

口腔内からの 健康な成長と発育サポートを目標としています

こどもの歯とは・・・?

乳歯の虫歯は、大人に比べて虫歯になりやすいのが特徴でもあります。
乳歯は、大人の歯に比べて厚みが半分ほどしかなく、再石灰化力も弱いのがその原因です。
また、「甘いおやつ」「不十分な歯磨き」「デコボコの歯」など、虫歯になりやすい原因がたくさんあります。
痛みも出にくいので、気がついた時には、虫歯がかなり進行してしまっているケースが多くあります。
そんな事態を回避するために、定期健診で子供の虫歯の「早期発見・早期治療」を心掛けましょう。

乳歯の虫歯予防

シーラント フッ素塗布 プロのクリーニング

虫歯になりやすい乳歯は虫歯菌にとって格好の獲物。そんな弱い歯を守るため、シーラントで虫歯になりやすい奥歯の溝を埋め、定期的にフッ素塗布とプロのクリーニングを行えば、虫歯を予防できます。

乳歯の虫歯治療

乳歯の虫歯治療

もし、虫歯になってしまったら・・・

子供にストレスがかからないように治療を行います。この時期の強引な治療で、歯医者に対するトラウマを持ってしまう可能性があるので、押さえつけたり、怒りながら治療することはありません。歯科治療を行うにあたり、歯医者になれるトレーニング TSD法を行いながら治療を行っていきます。

TSD法(tell-show-do)とは

口の中に機械や薬を入れる恐怖、機械を使用するときの音の恐怖など、歯科にかかわる内容をお子さん自身に見せて安心させる方法です。

Tell(お話) まず、治療の「お話」をして何をするかを教えます。
Show(見せる) 実際に使う器具を見せます。危険がない器具等に触らせます。
DO(治療する) 治療中も場合によっては手鏡で治療を見せます。

▲ PAGE TOP