東岡崎駅徒歩3分の岸本歯科では、歯周病、インプラント、口腔外科治療など幅広く対応しております。

surgery
HOME > 口腔外科

口腔外科治療

「口腔外科」は、簡単にいうと「虫歯」と「歯周病」以外のお口の中の病気やけがを対象にしています。

口腔内のケガ口腔内に膿ができた顎関節親知らずインプラント

口腔内のけが、口腔内・骨の中に膿ができた、顎関節、親しらず、インプラント、などが含まれますが、それ以外にも、お口の中にはとてもいろんな病気ができますし、からだの病気がお口の症状から発見されることもたくさんあります。しかし、お口の中に出来る病気に詳しい方ってあまりみえないので、いざ自分の口の中に何かできた時には「何だこれは!」とびっくりされる方がほとんどです。(なかには「痛くも痒くもないから先生にいわれて始めて気づきました。」という方もみえます。)そんな、比較的珍しい病気を扱うのが「口腔外科」です。当院では、総合病院・大学病院での経験を活かし、歯と歯ぐきだけではなくお口全体やその周りに至るまで、望ましい状態かどうかをしっかりチェックし、 説明し、治療を行います。

親しらずの抜歯

日本人の親しらずは、横または斜めに生えているか、骨や歯茎に埋まっている方がほとんどです。

抜歯をすることをお勧めするケース

鏡を使い口腔内を観察すると、奥歯のさらに奥に一部歯が見えている状態
いままでに腫れや痛みを繰り返した
この場合では歯槽膿漏や虫歯、親しらずの前の歯を虫歯にしてしまいます。
このような状態にならないためには、例外を除き抜歯をすることをお勧めします。
(例外は移植に用いる場合です)

抜歯の処置について

岸本歯科では院長・先代院長の口腔外科で経験してきた抜歯知識・技術を生かし必要であれば、CTを撮影しアゴの骨を立体的・3次元的に確認し安全で丁寧な治療を心がけます。

抜歯の処置について

顎関節症の治療

「アゴがガクガクする」「口が開かない」「口を開け閉めすると痛い」などといった症状はアゴの関節に異常がある可能性があります。

顎関節症の原因は数種類あります。

口の開け閉めに使われる筋肉が原因であるもの
アゴの関節に関係する靭帯や関節周囲の炎症によるもの
アゴの関節の可動性に関係する軟骨(関節円板)によるもの
アゴの骨を構成する骨に異常があるもの
など。

顎関節症を引き起こす原因の元となる要因

日常生活におけるアゴに対しての癖(ほおづえ)
歯を抜いたままで放置してかみ合わせのバランスが悪くなった
食いしばりやかみ締めや歯列接触癖(常に歯をかんでしまってしまう癖)
 など。

顎関節症を引き起こす原因の元となる要因

顎関節症の治療方針

岸本歯科では患者様の状態を詳しく分析し、さまざまな角度から治療方針を立てていきます。

  • 日常生活アドバイス
  • マウスピースの装着
  • 鎮痛薬や筋弛緩薬の内服
  • 必要に応じてかみ合わせの治療

口腔内のできものの治療

口の中は虫歯や歯周病だけではありません。口の中にも様々な疾患があります。(代表的な疾患といえば口内炎などです)唇にでき物ができたり、舌にでき物ができたり、歯茎や頬にでき物ができることがあります。
また、放置して自然に治るものもあれば、治らないものもあります。

口腔内のできものの症状

「口の中に何かできた」
「口の中に、でき物ができた」
「しこりのようなものがある」
「赤く腫れ上がっている」
「水ぶくれのようなものができた」
といったことがあります。
その他の場合でも、少しでも気になる症状があればお気軽にご相談ください。

口腔内のできものの症状

口腔内のできものの治療

岸本歯科では、口腔外科の知識を生かし、検査・診断を行います。必要があれば、市民病院・大学病院と連携を行いながら治療を行います。

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症とは、カンジダによって口の中に引きおこされる感染症です。唾液量の減少(ドライマウス)、歯垢や歯石といった口の中の汚れでの繁殖があります。また、入れ歯の下の粘膜に生じることが多く、義歯性口内炎とも呼ばれます。

口腔カンジダ症の症状

口の中がヒリヒリ痛む
焼けるような痛みがある
食べ物を口にしたときに痛む
食べ物の味を感じにくい
舌や頬の内側、口蓋、歯肉に斑点状の白い膜がある
などさまざまな症状があります。

口腔カンジダ症の症状

口腔カンジダ症の治療

薬(抗真菌薬)による治療が有効です。カンジダがいるかを判定する検査は、痛みもなく簡単にできます。
そのままにしておくと、口全体に広がり、菌糸を伸ばして強固に粘膜と付着します。付着力はとても強く除去しづらくなっていきます。
少しでも症状があれば早めにご相談ください。

口内炎

口内炎とは口の中の様々な場所にできる炎症です。場所としては、唇・舌・歯ぐき・頬粘膜などにできます。

口内炎の原因

口内炎といっても種類は様々です。細菌感染によりできるものやウイルスにおいてできるもの、咬傷(咬んで組織を傷つけてしまう)によりできるものがあります。口腔衛生不足・偏食に伴うビタミン不足・口腔内の乾燥などがあります。

口内炎の治療

治療は口腔清掃・軟膏の塗布・レーザー照射・内服薬の処方などがあります。

インプラント治療

インプラント治療なら自分の歯のような 自然な歯を取り戻すことができます。

インプラント治療

歯を失った場合、食物を摂取するためには抜けた部分に人工の歯を作らなければなりません。従来からの方法としては、入れ歯や隣接する歯を削ってブリッジにする方法がありますが、「インプラント治療」なら 健康な歯に負担をかけません。

詳しくはこちらへ

▲ PAGE TOP